Home

Banresto アニメゴジラ

. この<地球>を必ず取り戻す 日本のゴジラシリーズとしては初となるアニメ映画シリーズ作品。 アニメゴジラ 制作告知は『シン・ゴジラ』公開から約20日後の年8月19日で、初報ではティザーサイトが解説され、そこでタイトルおよび公開予定年、そしてメインスタッフが公表された。 本作はダブル監督体制を採用しており、それぞれ『シドニアの騎士』や劇場版『名探偵コナン』などを監督した静野孔文、『亜人』を監督した瀬下寛之が本作に置いての監督を担当。さらに脚本およびストーリー原案においては『Fate/Zero』や『魔法少女まどか☆マギカ』などを手がけて有名になった虚淵玄が携わったという事で大きな話題を呼んだ。そしてアニメーションはポリゴン・ピクチュアズが製作しており、本作もキャラクターを含めて全体的に3Dグラフィックを主体とした作品になっている。 なお、静野の方はこれまでゴジラシリーズを全く観た事がなく、ゴジラマニアの瀬下、虚淵両氏が色々と暴走するのを静野監督が部外者の目線からバランスを取る形で制作されたという。 出演キャストは宮野真守、花澤香菜、櫻井孝宏、梶裕貴、杉田智和、諏訪部順一が入っている事が発表され、さらに同月26日に開催されていた「AnimeJapan」のイベントにて公開時期が11月になる事、そして全三部作シリーズとしての制作である事、そしてストーリーやキャラクターを含めた本作の大まかな内容も新ティザービジュアルと共に明かされた。続く8月14日には登場キャラクターおよびそのキャストが追加発表され、そして同月16日には正式な予告編映像も解禁となった。 第一章公開と同時に第二章の副題およびティーザービジュアルも公開されている。 ちなみに、今まで日本におけるゴジラシリーズのアニメ系作品と言えば子供向け短編アニメの『すすめ!ゴジランド』くらいしかなかったが、海外では1978年にアメリカでハンナ・バーベラ制作によるオリジナルTVアニメ『Godzilla』が放送されており、その後の1999年には前年に公開されたハリウッド映画版『GODZILLA』の続編として制作されたTVアニメ『GODZILLA: The Series』がそれぞれ放送されている(後者は後に「日本映画専門チャンネル」などで日本でも放映された)。 元はテレビ放送およびネット配信用のアニメとして制作し、その後で内容を劇. banresto アニメゴジラ 【第1章】 banresto アニメゴジラ < GODZILLA 怪獣惑星> 絶望は進化する 年11月17日公開 ◆ 【第2章】 < GODZILLA 決戦機動増殖都市> 人類最後の希望が、起動する 年5月19日公開 ◆ 【第3章】 < GODZILLA 星を喰う者> その黄金は絶望すら焼き尽くす 年11月9日公開. マーティンは、ハルオにアラトラム号でのクーデターの話を聞かせると、状況が落ち着くまでハルオは姿を消すべきだと告げます。 断ろうとするハルオですが、マーティンに説得されフツア族の少女マイナに案内され、隠れ家に潜むことにします。 ハルオは心配するマイナに、ゴジラに挑み負. 瀬下には年以前に打診されており、「『ゴジラ』を見たことがないアニメファンに自由な発想で」という内容に当初は断っていたが、虚淵と懇意にしている静野との共同なら彼らの影に隠れるように役立てられると考え、参加したという 。.

。 第2部以降でモスラが登場し、人類と共闘するという展開があるかもしれません! ということは、まだまだゴジラ以外の登場する歴代怪獣が現れるかもしれません。 怪獣ファンも、新規のゴジラ好きにも、次回作は見逃せない展開となっていました。. 1999年から、地球上に突如として「怪獣」が出現し、その度に世界各地で人類は多大な被害に教われました。 そして、年、アメリカにてゴジラが出現。ロサンゼルスからサンフランシスコを壊滅させると、そのとき出現していた別の怪獣2対をも撃退する、これまでにない脅威を見せます。 さまざまな作戦や対策を講じるも、人類にはもはや太刀打ち出来ずにいました。 そこで年に、異星人のビルサルドがロンドンへ飛来し、翌年36年には、一定の未来が予知できるという異性人、エクシフが到来し、人間20含めた3種族で、地球連合が発足されます。 ビルザルドは対ゴジラ兵器として「メカゴジラ」を完成させるも、基地をゴジラに襲撃され起動にいたりませんでした。 その後、ゴジラの出現は8回に渡り、人間はいよいよ地球を捨てての移住計画が立てられ、それに伴い中央政府期間が設立されます。 年に、ついに人類は「移民船アラトラム号」で、くじら座タウe星へ旅立ちます。 それから20年後、タウe星へ到着するも、船員の1人ハルオ・サカキ大尉は、タウe星へ飛ばす飛行船をハイジャックします。 彼はタウe星がおよそ人類が住める環境でないにも拘らず、高齢者ばかりだけを乗せて船員削減を暗に図ろうとしている中央政府へ抗議をしていました。 しかし、ハルオの抗議も虚しく、船はタウe星向けて出発します。 独房に入れられるハルオの目の前で、船は突如爆発を起こし、タウe星にたどり着くはありませんでした。 望んでいた星も、人類に適さない環境と分かると、中央政府はゴジラが既に活動していない一縷の望みを託し、地球へ帰還する計画を立てます。 異性人・エクシフのメトフィエスは、ハルオに頼まれていたゴジラに関するデータを秘密裏に与えると、ゴジラ撃退に関するデータを匿名で配信します。 すぐにデータは削除されるも、多くの船員にアップロードされると、中央機関も地球に帰還せざるを得ない空気が漂いだします。 ハルオは、アラトラム号に乗り込む直前に、目の前で両親をゴジラに襲われた過去を持ち、ゴジラに対する復讐、果ては地球を人類の手に取り戻すことで、この敗北を終わらせようと日々考えていました。 メトフィエスは、そんなハルオに常に興味を抱いていました。 ゴジラ撃退作戦は、背びれのシールドを破壊し、再生までの. 物理干渉不能なゴジラの非対称性透過シールドがギドラの噛み付きを全く防げない。 4.

ペルセウス座BD+48°740恒星系第4惑星「エクシフィルカス」から来た異星人。 banresto 曰く彼らの母星はギドラと呼ばれる強大な怪獣の出現によって滅ぼされた事が示唆されている。 ゲマトロン/ゲマトリア演算という数学的な未来予測技術と、他者への献身を教義とする独自の宗教を持つ。 彼らに救われた地球人の中には、その教えに帰服する者も少なくない。 密かに太古から地球人と接触していたと噂されており、古代の数秘術や預言者などはその名残だという。 モデルは「怪獣大戦争」などのX星人である。 メトフィエス (CV:櫻井孝宏) 1. 最後の希望であったメカゴジラシティが敗れ、絶望しきった地球人類をメトフィエスが自身のカルトに取り込み「供物」としたことで降臨の条件が整い、フツアの村でメトフィエスが、アラトラム号でエクシフ族長エンダルフが儀式を行ったことで遂に降臨する。 始めにフツアの村の「供物」である地球降下部隊残党を影の姿で喰らい尽くし、その後はアラトラム号の近辺にブラックホールを発生させて出現。アラトラム号に巻き付いて数々の異常現象を引き起こした末に撃沈する。 更に地球の大気上空に3つのブラックホールを生み出して出現し、ゴジラ・アースと対峙。こちらの宇宙の干渉を受け付けず、自らは一方的に干渉できるという絶対的優位性でゴジラ・アースを抵抗すら許さずに敗北寸前まで追い込み、自分自身の次元法則へ引きずり込んで食らいつくそうとした。 しかし、その様子を分析したマーティンがギドラを手引きする観測役がこちらの宇宙にいることを突き止め、その弱点を知らされたハルオによってメトフィエスが右目に埋め込んでいた観測装置「ガルビトリウム」を破壊されたことで、地球側の物理法則に引き込まれてしまい実体化。ゴジラ・アースの攻撃が通用するようになったばかりか、力の供給源すら失ったのかブラックホールのエルゴ領域も急速に縮小し始めてしまう。 その後はゴジラ・アースの猛反撃を受け、1本の首が尻尾に千切られて、もう1本の首が両手で顎を裂かれて消滅。残った1本の首はブラックホールに逃げ込もうとするも、熱線でブラックホールごと撃ち抜かれて消滅し、残った2つのブラックホールもまた熱線によって破壊され、撃退された。 ただし、ギドラは死んだわけではなく元の次元に戻っただけで、これから先も降臨の条件が整えば、つまり「文明」とそれが生み出す「ゴジラ」、ゴジラを憎む「英雄」が揃えば遅かれ早かれ、再びこの宇宙に降臨することをメトフィエスが語っている。この事実が「英雄」であったハルオにある決断を強いることになる. ハルオ、アキラの名前の由来はそれぞれスーツアクターの中島春雄、俳優の宝田明と思われる。また、母ハルカの旧姓ヤシロは「ゴジラ×メカゴジラ」の釈由美子が演じた主人公の家城茜か。 5. 55歳(外見年齢35歳)。階級は少佐/軍事教官。 2.

ゴジラはギドラに触れられないが、ギドラは一方的にゴジラに噛み付ける。 3. 三種族にとっての最後の希望になるはずだったが、原因不明の事故で起動せず建造施設ごと放棄されていた。 banresto アニメゴジラ 4. 彼の父アキラ・サカキ(声:鈴村健一)は地球連合情報軍総合情報部の調査官で、年代当時の怪獣災害に関わった人々のインタビュー記録を残した(怪獣黙示録~P・MG)。母ハルカ(声:早見沙織)はかつての欧州奪還軍の戦車中隊長としてジラの群れやゴロザウルスを撃破した。 4. ちがうか. 。 パンフレットでは、映画には描かれなかった背景まで丁寧に設定が掲載されていたので、これは2部に向けて購入して読んでおいても面白いかもしれません。. ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(NT):アニゴジと同時期に公開された映画『機動戦士ガンダムNT』が(謎の)コラボをした際、理由となる共通項として「金色の強い奴」が上がった。こじ付けも好い所だろうと思って蓋を開けてみたら、「奇蹟」「現象を捻じ曲げる力」「進化」「高次元存在」等、ネタバレレベルの情報で驚くほど共通項を併せ持つ。. 9光年離れた惑星「タウe」へと旅立ったが、それから約20年かけて辿り着いたその星はとても人類の入植に適した場所ではなく、船内の間でも地球帰還を求める声が高まった事もあってアラトラム号は地球へ引き返す事を決定。さらに時間短縮のため危険と言われる長距離亜空間航法を用いてのワープ移動を敢行し、船は出立の時よりも遥かに短い時間で地球圏に戻る事に成功する。 だが、無茶なワープ航法の影響かアラトラム号の時間と現実空間の時間には大きな歪が生じており、戻ってきた地球は既に2万年もの歳月が流れたゴジラを中心とした生態系の広がる人類にとって未知の世界へと変貌を遂げていた。.

ブラックホールにより滅んだ白鳥座V1357恒星系第3惑星「ビルサルディア」から来た異星人。 長年の生存競争により培った高度な科学、工業技術そして軍人精神を持ち、それらを地球人に授けた。 かつて地球への飛来時にはエクシフと共に自らの身を顧みず地球人を怪獣の脅威から救い出した。 一方で元より過酷な母星環境と宇宙生活の影響のため極めて強い科学至上主義と合理性優先主義が浸透しきっている。 モデルは「ゴジラ対メカゴジラ」などのブラックホール第3惑星人である。 ムルエル・ガルグ (CV:諏訪部順一) 1. エクシフの教義を体現する人格者で、ハルオの理解者。 エンダルフ (CV:山路和弘) 1. 科学技術で強化されたビルサルドの中でも屈強な体格を誇る。 地球降下作戦におけるハルオの戦術を科学的に支える。 リルエル・ベルベ (CV:三宅健太) 1. 日本が世界に誇るキャラクターである「ゴジラ」と、日本の文化になった「アニメ」の融合は世界でも大反響です。 本シリーズはハリウッド版『GODZILLA 』のギャレス・エドワード監督から賞賛コメントが寄せられるなど世界で評価されています。 誕生から60年以上、いまや「ゴジラ」から「GODZILLA」となり、世界に注目される作品となったゴジラ。 そんなゴジラの新たな可能性として今作は大きく注目された作品といえるでしょう。. エンドロール後、第2部のビジュアルと公開が発表されましたが、そこにはあの作るだけ作っておいて、肝心なときに起動してくれなかったあのポンコt・・・メカゴジラが! 2部は間違いなくメカゴジラとゴジラの決戦になると思われますが、他の怪獣の登場もまだ可能性としてあるかもしれません。 次の公開までにゴジラシリーズを見ておきたくなる展開がニクいなあと感じました。 たぶん、今作に限れば、一番手っ取り早い方法としてノベライズを読むのがいいのでしょうか. . 」 かつて、エクシフの母星「エクシフィルカス」を滅ぼしたという怪獣。 名前だけでも強い力を持つ存在であるとして、現在においてはエクシフの間でも濫りにその名を口に出すことは禁忌とされていたが、ゴジラの圧倒的な力を体感したことでゴジラへの拭いようのない恐怖心を抱いてしまったハルオ・サカキに、エクシフのメトフィエスがその恐怖を和らげるためとしてその名を伝えた。 ※ ここから先は『GODZILLA 星を喰う者』に関する重大なネタバレを含みます。 「さあ、伏して拝むがいい.

声優たちの渾身の演技をキャラクターの表情に反映させ、苦渋の選択を迫られるハルオや穏やかな表情の裏で影を潜ませるメトフィエスたちの心理描写が濃く表れていました。 かつての「ゴジラ」シリーズに比べて、SF色が強い作品となっていましたが、科学技術が発展した人類とゴジラとの対峙、二万年後の変わり果てた地球を舞台にすることで、これまでに誰も見たことが無いゴジラが描かれていました。 また、あくまで主役はゴジラではなくゴジラに立ち向かう人類を描いており、主人公・ハルオの選択、葛藤が強く表現されていました。 特に最後にハルオがゴジラに単身で挑み散っていくシーンは未来のため自らの命を厭わないゆるぎない覚悟に胸を打たれました。. 翼竜型は全長が十数メートル程度とかなり小型の怪獣だが、人類の揚陸艇やパワードスーツの装甲程度なら破壊する力をもち、群れで行動する習性もある。 3. 世界史上初のアニメ版ゴジラとして銘打たれた『GODZILLA』3部作。監督には静野弘文や脚本に虚淵玄などを迎え、SFを軸にした本作は全く新しいゴジラとして、視聴者に衝撃を与えました。ポリゴン・ピクチャズによる独特の映像表現も見どころです。そんな3部作シリーズはいったいどう完結した.